ブログ記事ENTRY

NEWS

断熱材の選び方

2016-09-03

断熱材の選び方  性能・厚さ・施工方法・経年変化・価格

断熱材にもいろいろ種類があり迷うところです。

選び方のポイントは、断熱材それぞれが持っている性能(熱伝導率・小さいほうが良い)

それからもう一つが、厚さです。これは厚ければ厚いほど良いわけです。

つまり、断熱材は熱伝導率が良く、厚いほうが断熱材としての働きが良い事になります。この関係は、断熱材の厚さ÷熱伝導率=熱抵抗値で表わすことができます。今度は熱抵抗値。抵抗なので数字が大きいほど良いことになります。少しめんどくさいです。

他に、大事なポイントが3点ほどあります。施工方法と経年変化と価格です。

施工方法は、その断熱材の100%の性能を出す為に丁寧で正確な施工を要します。施工者の技能、知識、気配りが必要なのです。隙間とか、しわとか、厚みのムラなどあってはいけません。

経年変化については、長く住む家ですから地震や台風による振動で断熱材がずれたり、下がったり、すいたり、割れたりしないように、また雨水の侵入、内部結露での性能低下がないようにしなければなりません。

価格については、性能が良くなればなるほど、厚さが増せば増すほど高価になります。

しかしながら、維持費修理費や健康に快適に暮らす事を考えるとすぐに元は取れます。

 

FPコーポレーション 池田俊文 https://www.fpcorp.co.jp/

NEWS

2016-09-03

  • お問い合わせ・各種ご連絡

    TEL.080-5550-3566FAX.019-648-1082

    〒020-0135 盛岡市大新町18-13 担当:長土居

    nagadoi@mac.com